読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近良かった本/ミニマル子育て

娘、9か月。一ヶ月ぐらい前は、「なんで離乳食をこんなにも食べないのか」と悩んでいた。友人が「おかあさんといっしょのものたべたいんじゃない」といってくれて、わたしのを取り分けてあげたら眼を見張るように食べだした。いまでは「そのこめはわたしのだ」「ピーマン食うな!」「あー、そのメロン、わたしの」と、0歳児と食事を競い合っている。なんだこの牧歌的な日常は。

 

さてさて!

 

ミニマル子育て

ミニマル子育て

 

 

この本がめっちゃめっちゃ、良かった!!

作者は、シュタイナー教育での実践をヒントに、暮らしをシンプルにすることで子育てがもっとゆったりと、得難いものになる、と説くキム・ジョン・ペインさん。

シュタイナー教育の考え方をベースにしながら、誰もが夢見る「あたたかでゆったりとした、牧歌的なこども時代」がいま直面している現実と、夢見るようなこどもの魂を大事にするための具体的な方法を「環境」「リズム」「スケジュール」などの項目にそって丁寧に解説しています。

個人的にも、産後1ヶ月でデパートのこども売り場にいったとき、あまりにちかちかめまぐるしいものが多くってびっくりしたんだよね。なにもかもを1から経験するこどもたちには、大人よりずっとずっと削ぎ落とした、素朴な色やかたち、五感にうったえるもので十分のはず、と思っていたのだけど、それは本当なのかも、と自信をもてた。また、毎日違う絵本を読むよりも、2週間ぐらい続けて読むほうが反応がいいな、なんて思ったりもしてたんだけど、こどもは安心できるリズムが好き、というので、納得。

 

日本語訳もとても美しく、購入してからもずうっと枕元とかばんにいれてる。こどもにとってシンプルでやさしいということは、このしっちゃかめっちゃかになりがちな大人の暮らしも同様のはず。いまちょうどあたらしい日常のために暮らしのリズムとスケジュールをととのえているところだったから、よけいに響いてる。家のなかは、家族全員が誰に聞かないでもぱっとものが置けて、戻せて、きれいな空間にしたい。どこをながめても気持ちの良い空間と、想像力の働く空白をつくっておきたい。

 

この本の優秀なところは、シュタイナーの考えかたが、現代的な生活との比較から、その根本たる部分からすっと理解できるところにもあると思う。ああ、できるなら、著者に来日を呼びかけたい! 英語でコメントしてみようかな! そのぐらい、だい、だい、大好きな一冊。