読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近よかった本

 

世界一しあわせな子育て

世界一しあわせな子育て

 

 『おむつなし育児』の本で感激したクリスティンさんの2冊目。

 

今回もとってもとっても良かった!

子育てのやり方って人それぞれ、以上に、国や文化、流行によって規定されている。だからおそれることはないんだ、自分でいいと思うように、きちんと情報を吟味してよく話し合って、自分の中の価値観を育てて行けばいいよ、と、親自身が自分を育てる事を応援してくれるような本。

 

この本では、アメリカ人ーーアメリカ的子育てしか知らず、それを相対化する視線を持たないごくふつうのアメリカの親たちに、いろいろな国のいろいろな子育ての仕方について情報提供をしながら、クリスティンさんの自分なりの考えがそこかしこに出てくる。韓国系アメリカ人で、4人のお子さんのうち2人を日本で育てたクリスティンさんの語る「日本の子育て」は、ある意味少し前の子育てなのかもしれない。東京の子育ては、この本で語られるよりはアメリカ化(消費社会化といってもいいです)しているようにわたしには思えるから。乳児期は添い寝して一緒に過ごし、育ってきたら適度に放っておき、食べものと挨拶まわりはしっかりしつけ、ものを大切に、自己信頼を育てる、、そういう「日本のふつうの子育て」のよさが語られている。

そっか、とにかくこの子を信じよう、あとは大丈夫、そう思わせてくれる一冊。

 

結局親のわたしができることなんて、身の回りのお世話ができるようにすることと、子どものなかのうつくしさが花開くことをせいぜいじゃましないことぐらいなのだ。わたしはボーダー着てオザケン聴いて家ではラジオ生活だけど、娘は筋金入りのメタル好きでバンド追っかけて超絶テレビっ子になるかもね。でもね、そんなもんだよね。みたいな。なんのはなしか。